さっぱり麺-江戸硝子-器
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04
ガラス-ボウル-オシャレ-麺
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04
江戸硝子-そうめん-ガラス-大鉢
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04
江戸ガラス-そうめん-ボウル-サイズ感
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04
ガラス-江戸硝子-水色
WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04

WEB限定/うきよ/大鉢/はり/EG024-04

ベンダー
Tomi CRAFT/江戸硝子
通常価格
¥3,080
sale price
¥3,080
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。

爽やかな水色の麺鉢は、直営店だけで買える限定品。

江戸硝子大鉢の単品が購入できるのはトミガラス直営店だけ
大鉢は他のアイテムよりも職人の技術を要します。
なぜなら、職人が窯からガラスのたねを巻き取るときも、スピン製法で遠心力で回して器の形に成型するときも、タンブラーや豆皿に比べて、とっても重いためです。 

ガラス-大鉢-パスタ-おいしそう
ツナとトマトの冷製パスタ。
黄色いパスタ上にのったトマトの色が、水色の器によく映えます。

水色-うつわ-使い道

 

江戸ガラス-ボウル-そうめん-サイズ
大鉢だけど扱いやすいコンパクトなサイズ感。1人~2人用です。


江戸のスピリッツ「はり」カラー。江戸硝子-うきよ-はり

爽やかな「はり」カラーは、“江戸っ子”をイメージした色合いにしました。
「はり」とは意志を貫くこと。江戸に生きる人々は「粋」「はり」の美学を、さっぱりとした青や紺の着物でファッションとして自己表現したそう。
その、固執しないあっさりしたスタンスに憧れながら、粋なブルーで江戸スピリッツを表現しました。
design & illustration  Anna Okanami (2017)

スペック 
約Φ175xH65 
暖かい料理…× 電子レンジ…× 食器洗浄機…× 

使い方の提案 素麺(そうめん)、蕎麦(そば)、うどん、冷やし中華、冷製パスタ、サラダ、冷たい煮物など

シーンの提案 夏、ご夫婦、一人暮らし、ファミリー、おうちごはん、冷たいお料理など

取り扱い
食器洗浄機、電子レンジのご使用はできません。温かいお料理は入れられません。
(急激な温度差に耐えられず、割れてしまうことがあります。)

ラッピングについて
ラッピングには対応しておりません。
こちらの商品は簡易包装です。 リボンや包装紙はございません。
簡単なギフトなら紙袋キットがおすすめ。

技法について
遠心力で硝子のたねを伸ばして作る「スピン製法」で、 1個につき、3人がかりで手作りで作られています。 3人とは、たねを落とす人、切って回す人、受け取って窯に運ぶ人。 1人でも欠けると、つくることが出来ないので、 チームワークが必要な作業です。大鉢は、扱うガラスのたねの量が多いため、特にスキルが必要です。

東京都指定伝統工芸品
東京都指定伝統工芸品「江戸硝子」の窯元・岩澤硝子で 作られたこれらのガラスは、 江戸時代からの製法を守り、 伝統工芸士監修のもと、ひとつづつ手づくりしています。

 

ハンドメイドの特徴
ハンドメイドのため大鉢は特に、下記のような表情が出ます。クラフト特有の味わいとしてお楽しみください。


1.泡 通常よりも大きめの泡が出ます。
2.シワ パウダーが集まって折れてシワになります。
3.折れ パウダーが流れて巻き込みます。

ご注意 
この商品は、サイズや形状に多少バラつきがあります。それは、手作り特有のもので、同じものはひとつとしてございません。 商品写真は参考程度に見ていただけますと幸いです。 実物では色粒が偏って、透明な部分が出たりします。 不良品ではありませんので、ご了承ください。大鉢は製法の都合上、「巻き込み」や「折れ」の表情が出やすいアイテムです。詳しくは色パウダーの特徴をご確認ください。

 

 

うきよシリーズ

江戸硝子-かわいい-おしゃれ-
江戸硝子「うきよ」シリーズは “江戸の文化”をテーマに配色した富硝子オリジナルのハンドメイドガラスです。和モダンな色合いで、食卓が一気に華やかになる色合いにしました。


富硝子Originalブランド「TomiCRAFT」の江戸硝子 


TOMICRAFT-富硝子-ブランド
江戸硝子-墨田-モダン
トミクラフトの江戸硝子は、墨田区の窯元・岩澤硝子と、1948年創立の富硝子株式会社のコラボレーションで生まれました。

 

色粉と呼ばれる(パウダー)をまぶして色づけしているところが 弊社の江戸硝子の特徴です。 

江戸硝子-作り方-富硝子-

色やネーミングは富硝子オリジナルデザイン。下町ならではの手工業的な製造工程でつくられており、職人は機器とガラスを巧みに扱います。

Edo glass that has nearly 100 years of history has been produced at Shitamachi in Tokyo.  Tomi craft arranges the Edo glass into modern style using colorful glass chips and powder. 

 江户硝子与100多年前的制作方法相同。 在东京的工厂手工制作而成的玻璃制品。 富手工制作的江户硝子是唯一采用彩色粉末喷撒工艺制成的。



数量限定のため、在庫がなくなり次第終了です。